夢と執着

人が食事を与えられなければ、 あるいは、 それを得る方法を持たなければ死んでしまうように、 誰かにとって、ある「何か」がなければ あたかも死んでしまうかのように感じることが、 生きていても仕方ないと感じてしまうようなものが、 あるのではないか。 それは、他人にとってはとるに足らないものかもしれない。 でも、本人にとっては、それが得られない、あるいはそれがなければ どうし…

続きを読む

大人っていいな

お酒が飲めて タバコが吸えて コーヒーが飲める そんな大人である自分が なんだかいいと思う。 大人 自分のことは自分で 責任をとらなければならない大人。 自分の道を 苦しいながらも選び取ることができる大人 自分の意見を世に発信することが許される大人。 大人ってやっぱり、なんかいいと思う。

続きを読む

両親

今日は父と母に会いに行った。 いつもあの家に、変わらないそのままの姿でいてくれる。 だからこの時間は私に、当たり前に用意されているような錯覚に陥る。 いつ。 それは明日かもしれない。 いつか。 こうして、父や母と、当たり前に話ができなくなる日がくる。 いつかあの家に、 小さな仏壇が置かれ、 その前に飾られた小さな遺影に話しかける日が来る。 海の近くに建てられたお墓…

続きを読む