恋愛の主観と客観

恋愛ほど、それを眺める主体によって 風景が変わるものはない。 私が見つめた私の恋愛と 誰かが見つめた私の恋愛とでは その色、におい、手触り、ありとあらゆる点において 雲泥の差がある。 Aさんの恋愛が、たとえば社会的には愚かで、その感じ方、解釈はどう考えても勘違いで、 なんだかみじめで、いわばもうやめておくべき様相を呈しているものであっても 彼女にとってのそれは、 甘…

続きを読む