疲弊した毎日に思う

今は深夜12:30。 こんな時間にようやくビールを飲み終わり(というか発泡酒)、 白いご飯をサバの塩焼きと共に食べている。 夜中にごはん・・・の罪悪感は、発泡酒の酔いでまぎれている。 私は平日いつも、こんな食生活をしている。 最近、ちょっと太り始めてしまった。 どちらかというと小柄なほうなので、1キロ、2キロ・・・と増えると、 体形にその変化が如述に顕れる。 そも…

続きを読む

偽りの幸せと破綻

混乱の毎日という気がしている。 私には なってみたい自分というものがあって、 それが唯一無二の本当の私という気がしている一方、 それが叶ったとして、 きっと本当の幸せには到底たどり着くことはできないのだろうなという 確信のようなものがある。 つまりは、 なにをしても、 何が叶っても、 私がこの私である限り、 あらゆる苦しみからは、 逃れられない。 何…

続きを読む

天才と努力の継続

「天才とは、ただ努力の継続をできる人のことをいう」   by エルバート・ハバード (アメリカの教育家) のだそうだ。 これは本当であり、嘘であるとも思う。 たゆまぬ努力によって、人は己の目指す世界においてある程度のレベルまでは達することができる。 しかしその先は、やはり持って生まれた「才能」が、 いわゆる天才であるか否かを決定づけるのではないか、というのが私の考えだ。 …

続きを読む